ぽかぽか新聞

2007年02月

先月号にいただいたおハガキの紹介

1月号は干支やお正月にちなんだお話が多く...

1月号は干支やお正月にちなんだお話が多く楽しめました。お正月でもお店は休みでなかったり仕事をしている人がいたりと、昔とはずいぶん変わってきて季節感を感じにくくなっているので、子どもの、日本の生活の感覚(日本人であること)を育んでいく内容の絵本はすばらしいと思います。今後も「おひさま」ならではの、季節を感じる雑誌づくりを楽しみにしています。

お子様の年齢・性別: 4才1か月 女の子

いとこの「おひさま」を借りたのが出会い。...

いとこの「おひさま」を借りたのが出会い。それから4年、毎号欠かさず買ってきました。寝る前の読み聞かせが母親の私にとっても楽しみな時間だったのに、今では届くなり袋を開けて一人で読み切ってしまい、私の出番はなくなってしまいました。少し寂しいけれど、子どもが自分の好きなペースで読んでいるから、まあいいかとも思います。

お子様の年齢・性別: 6才8か月 女の子

今年は雪がまだ少なくて雪遊びができないせ...

今年は雪がまだ少なくて雪遊びができないせいもあってか、2月号の「グルグルとゴロゴロ」の雪だるまを見て「あーっ、雪だるまだー」と喜んでいました。「いいないいなこのおうち」では、鬼のお面のおうちの中の人たちが痛そうなのを見て険しい顔をしていましたが「おにはーそと、ふくはーうち」と一緒に言っているうちに笑顔になったので、ちょっとおもしろいなー、と、子どもの反応を私も楽しみました。目次の背景の絵が楽しく、あっ鬼さんだー、と指をさしていましたよ。

お子様の年齢・性別: 2才6か月 男の子

とにかく「パンやのろくちゃん」が大好きで...

とにかく「パンやのろくちゃん」が大好きです。「ろくちゃん、今どうしてるかなァ~」とか言って本の内容をしゃべっています。すごい暗記力。車、乗り物、働く車が好きで「くろくまくん」はバスのお話だったので喜んでいます。内容も良く、春を先に届けてくれたよう。一緒に「ブンスカガタゴトプップー」と声を出して読めるのが最高!

お子様の年齢・性別: 2才7か月 男の子

「いいないいなこのおうち」の大ファンだっ...

「いいないいなこのおうち」の大ファンだった娘。1月号から軽部さんの作品が変わっていてガッカリするかと思いきや「ブーブーのりもくん」がすっかり気に入ったらしく、「今度は何かなー」と次号を楽しみにしている様子。親としてとても嬉しく感じます。これからも私たち親子を喜ばせてくださいね。

お子様の年齢・性別: 3才8か月 女の子

友達からすすめられて買ってみたら子どもた...

友達からすすめられて買ってみたら子どもたちがとても喜んだので、ずっと買い続けています。子ども向けの本は付録が目当てだったりするのに、「おひさま」ではお話の続きが気になっているようです。何回も読み返すのも特徴。我が家では寝る前は必ず「おひさま」タイムになります。

お子様の年齢・性別: 7才9か月 男の子

電車に乗っている時、ある親子が見ている本...

電車に乗っている時、ある親子が見ている本を見て「あの本ほしいー」と言われて本屋さんへ。売れているんだな、と実感、最後の一冊でした。ラッキーでした。毎日「読んで」と持ってきます。一つ一つのお話が短いので、親も子もあきずに読めていいですね。

お子様の年齢・性別: 3才1か月 女の子

息子は落ち着きがなく、地域の読み聞かせ会...

息子は落ち着きがなく、地域の読み聞かせ会でも全然聞こうとしませんでした。「おひさま」を毎月買うようになってからは本を読むのが大好きに。まだ一人では読めませんが、誰も字を教えていないのにひらがなを読めるようになってきました。ありがとうございます。

お子様の年齢・性別: 5才2か月 男の子

毎月買っては布団の中で読んでもらうのが楽...

毎月買っては布団の中で読んでもらうのが楽しみな長女。年末は主人の転勤で引っ越したため、近くに本屋が見あたらず、あちこち探し回ってやっと見つけました。この本がないと機嫌が悪く、精神安定剤のようです。どこへ引っ越しても「おひさま」はずーっと娘と一緒です!!

お子様の年齢・性別: 6才6か月 女の子

季節的な物語(お年玉、雪だるまなど)や動...

季節的な物語(お年玉、雪だるまなど)や動物に関する物語にとても興味を示し、新しい言葉や物を絵本によって学ぶことも多く、とても良いことと感心しています。「おひさま」は今回で2度目の購入ですが、子どもは表紙とタイトルを覚え「これがいい!」と自分で選びました。引き続き購入してみようと思っています。

お子様の年齢・性別: 2才6か月 女の子

「クレヨンまる」が大好きで、絵本の中に自...

「クレヨンまる」が大好きで、絵本の中に自分も入ったかのように話しをしてくれます。2月号はワルズーとばあやが盗んだクレヨンを返しにいく話で、子どもたちも「えらいね」と感心していました。最後に「私もお年玉にふうせんクレヨンがほしいなあ」と、ボソッと言っていました。

お子様の年齢・性別: 6才4か月 女の子

アイコンをクリックすると、キャラクター別の投稿が見られます。

月別アーカイブ

小学館